2015年12月29日

【Windows Phone 10 Mobile】2016年は、Windows Phoneが来る?格安スマホがより手にしやすくなるか??

 2015年は、格安スマホ・格安SIM元年と呼ばれ、携帯電話業界に大きな変化があった年です。

 携帯電話会社といえば、大手の3社以外考えられなかったのが遠い昔のよう。
 現在では、数えきれないくらいのMVNO(大手の回線を利用した通信会社)が登場してきています。

 もう、多くの人がMVNOに乗り換えたようで、MVNOのシェアは携帯電話契約シェアの十数%にも上るようです。
 10人に1人以上がMVNOに乗り換える中で、2016年はさらにMVNOへの乗り換えが加速するとともに、私が個人的に注目している「Windows Phone 10 Mobile」の販売が本格的に開始され、さらに格安スマホに乗り換える人が増えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 今までの格安スマホといえば、スペックを落としたAndroid(アンドロイド)端末や、日本メーカーではない高スペックを搭載した中国・韓国メーカーのAndroidスマホが中心でした。

 Androidしか選べなかった市場に、Microsoftが新たに「Windows Phone 10 Mobile」を日本で正式に投入するということです。
 Windows Phoneは、数年前にも登場していますが、GoogleやAppleの二台体制に押され、不発に終わりました。

 今回は、パソコンのWindows7や8・8.1を無料でWindows10へアップグレードするサービスをマイクロソフトが開始したため、全世界のパソコン(およそ1億台以上)がWindows10へアップグレードしているようです。

 かなりのユーザーがWindows10へ変更するとあって、モバイル端末であるスマートフォンもWindows10へすると、いろいろと便利なことが出てくるようです。

 また、Windows10は、Andoroidに比べ、低いスペックで十分に動くように設計されているので、端末に使用するパーツが安く済みます。
 (スペックが低いからといて安っぽくなるわけではありません)


 そこで、私が今回注目している端末は、安心の日本メーカーで日本品質を保つ「Freetel(フリーテル)」という会社のスマホ「KATANA02」です。


 ダークグレーのヘアライン仕上げが高級感を出している、一度は手に取ってみたくなる商品ですね。

 Android端末がこのくらいの値段で販売されていたら、正直おもちゃにしかなりません。
 ですが、Winodes10の動作要件が低いため、このスペックでもタフにビジネスなどで利用できます。

 ビジネスでは必須のOffice(Word・Excelなど)は、Microsoftの端末なので、安心して使えます。
 また、Windows Phone 10 Mobileの大きな特徴として、Microsoftのアプリはもちろん、GoogleのアプリやAppleのアプリも動作するという点です。

 Android端末を使用していて、「iPhoneではあるアプリが、Androidにはない」というようなことや、逆のこともよくあるでしょう。
 このような「端末により使用できるアプリケーションが制限」されないように、工夫したのが「Windows Phone 10 Mobile」なのです。
 (もちろん、Windows10のみで動くアプリもあります)


 このようなiPhoneとAndroidの二極から、新しいWindowsが投入されることにより、2016年のスマホ合戦は大いに盛り上がることになるのではないでしょうか。


 ちなみに、私が契約しているおすすめのMVNOは、「楽天モバイル」です。

 毎月使用料金に合わせて楽天スーパーポイントがたまり、楽天市場での買い物は常にポイント2倍になるのが大きいですね。
 他の会社さんもいろいろなキャンペーンをやっていますが、たまったポイントの使い道がかなり限られているのであまりお得な気がしなくて…。

 また、一緒に使って欲しいアプリが、通話料が半額になる「楽天でんわ」です。

 格安SIMは、万度に通話料がとられるので、少しでも安く抑えたいですね。
 (相手に電話を掛けさせるとか…)

 さらに、固定電話への通話料を無料にしてしまうとんでもないアプリが「Viber(バイバー)」です。
0000007651_4.gif
Viber(バイバー)スマートフォン専用サイトへ
 少し前にTVCMをやっていたアプリですね。
 楽天でんわも、バイバーも、楽天グループなので、安心して利用できます。
 (もちろん、楽天モバイルとの相性も抜群です)

 当サイトをご覧になり、たくさんの方が格安SIM会社である楽天モバイル(MVNO)に興味を持っていただていております。
 これからは、今まで以上に各社のサービス激化が予想されます。
 大手3キャリアも、格安プランを打ち出すとみられ(といってもまだまだ高額)、格安を提供するMVNOは、より一層お得なサービス・魅力的なサービスが求められます。

 大手3キャリアの「2年縛り」による解約を躊躇している方、ぜひ「楽天モバイル」に「解約金を払ってでも」乗り換えてみませんか?
 人によっては、解約金(約1万円)を支払っても、3か月で元をとれるのが格安SIMです。

 MVNOには、様々な会社があるので、じっくりと検討して、今の契約料金がもったいないと思ったなら、少しでも節約してみてはいかがですか?


 今回は、私が個人的に注目しているWindows Phoneと、おすすめのサービスをご紹介しました。







0000007651_4.gif
Viber(バイバー)スマートフォン専用サイトへ

スポンサーリンク

posted by Nero at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック