2015年09月02日

【楽天モバイル】MVNOは月初めに契約すると超お得!大手キャリアの2年縛りによる解約金(違約金)を払ってもMVNOにする理由とは?


 月初めは携帯キャリアのプランを見直すと良いです。

 最近では、楽天モバイルを代表とするMVNOと呼ばれる大手キャリアとは別の携帯電話会社(MVNO)が登場してきています。

 今や、MVNOのシェアは2割程度となっています。
 それほど、大手キャリアの携帯料金に不満があり、皆さん解約されているということですね。

 大手キャリアを解約するには、「2年縛り」と呼ばれる2年おきに契約が自動更新され、解約月の翌月のみ解約金がかからないという、誤解を招きやすい仕組みが存在します。
 そのような、悪徳ではありませんが非常に不信感を持つ大手キャリアよりも、様々な面がホワイトボックス化されているMVNOの代表である「楽天モバイル」にMNPで乗り換えましょう!

スポンサーリンク

 大手キャリアで使用している携帯電話番号を、そのまま使いたい場合でも普通に契約できるのがMVNO。

 ショップに立ち寄って、面倒な手続きを行う必要なく、パソコンやスマートフォンで簡単に契約できるのがMVNOの特徴ですね。

 大手キャリアより電話番号を引き続き使いたい場合、「MNP予約番号」と呼ばれるものを発行してもらう必要があります。
 ほとんどの会社は電話サポートで簡単に取得することができます。
 また、ドコモではインターネット上で発行することもできるので、サポートの人と話すことなく予約番号を取得できるので便利ですね。



 今回は、楽天モバイルのオススメの点というよりかは、「月初めに契約開始するメリット」についてお話します。

 大手キャリアには高額な月額料金を支払っているので、解約する場合「日割り計算」になるので、その月の一日でも早い段階で解約した方が安く済みます。


 また、2年縛りに悩まされていて、今月解約すると解約金(違約金)がかかってしまうという方も、考え方を変えれば非常にお得に乗り換えることができます。

 携帯電話の解約金は大体1万円くらいです。
 現在使っているキャリアの月額料金が8,000円だとして、MVNOを代表する「楽天モバイル」にすると、月額2,000円もかかりません。
 そうすると、毎月6,000円お得になり、解約金の1万円は2か月も使用していれば元を取れます

 結構、こういうことがわからず、解約金のかからない月を待ってからMVNOに乗り換える方もいらっしゃるようですが、実は今すぐに変えてもお得になる場合がほとんどなのです。
 今現在の使用料金と、移転先の使用料金から、何か月で解約金の素を取れるか計算すれば、自ずと2年縛りに縛られることなく、解約できますね。

 そんなに解約金が欲しければ、くれてやればいいのです。

 月に6,000円も変われば、1年で72,000円もお得になります。
 ちょっとした日用品を買ったり、食費に回したり、壊れかけている家電に回すもよし、最も多いのが「新しいスマートフォンに使う」という方法もあります。
 今まで気にしていなかった高級スマホにするもよし、格安スマホで節約するもよし。
 格安スマホと言っても、最近の端末は高性能になってきているので、メーカーのフラグシップモデルと引けを取りません。

 自分に合った使い方を追求するということでも、MVNOは非常に有効と言えるのです。


 ちなみに、MVNOのほとんどは「2年縛り」という制度を設けておらず、「1年間継続契約後はいつ契約しても解約金がかからない」という所がほとんどだということも多くの方が利用し始めた特徴と言えるでしょう。
 大手キャリアに対する不安感を完全に払拭してくれたのが、MVNOなのです。



スポンサーリンク

posted by Nero at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック